『機械設計事務所の日記』
小さな機械設計事務所・(有)三友技研工業の日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「熊野川町へ」
現在、台風15号が通過中で風が強く吹いています。

18日から台風12号の被害にあった
嫁方の叔父・伯母のお見舞いとお手伝いに
食料等の必要なものを届けるのをかねて
熊野川町と新宮市内に行って来ました。

他にも被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。

もう少し早く行きたかったのですが
通行止めや危険な箇所があるということで遅くなりましたが・・・
普段行く時に利用している有田ICから山の方の道路を通って
部分的に規制や迂回路がありましたが
何とか無事に着き、途中の道々からしても
被害の大きさが分かる状況でした。

叔父が経営していたすし屋さんと隣の喫茶店は
建物の基礎の部分のみなっていて
目を疑ってしまいました・・・

もうひとりの叔父は、弟さんが新宮市内に住んでいるので
そちらへ避難しているので
普段なら熊野川町から30~40分で
168号線を通っていけるところが
通行止めのため宮井大橋から三重県経由で
新宮市内に1時間30分ぐらいかかったでしょうか?

新宮市内では、スーパー等は営業されているので
さほど困っていないと話されていましたが
床上まで水が来たため
たたみを取ってブルーシートをひいている状態でした。

当時の状況を想像すると
その恐怖感は並大抵のものではなかったことが
容易に推測されることもあり
正直言ってかける声に詰まってしまいました。

幸いにも、怪我も無く健康状態も問題ないので
少しは、ほっとしましたが・・・

すし屋さんを経営していた叔父は
空き家にしていた実家を片付けて住むことにするようですが
今は、気が張っているので何とか頑張れているようですが
今後、店を再開することは難しい状況のようです。

復興へ向かって行政からの支援も必要と思います。
可能な限り早急な対応をお願いします。

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

「半年が・・・」
東日本大震災から半年が経ちました。

ニュースなどを見る限り、まだまだ震災の爪あとが
大きく残っている被災地ですが、
あっと言う間の半年だったような・・・

政治がまたゴタゴタしている感じですが
台風12号の被害状況も平成になってからの
最大級の被害状況らしいので
そちらも、被害者の救済と
復興のほうを最優先に考えてもらいたいものですが
対応のスピードが遅すぎます。

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

「経産相の」
ニュースなどによると鉢呂経産相が野田首相と被災地を
視察した後の記者会見で被災地を「死の町だ」と失言したようで
別の日に、記者団に近づき「放射能をうつしてやる」と
ふざけたことも発覚した。

視察をしての「死の町」は正直な感想かも知れないが
苦しんでいる被災者を思えば、口に出る言葉ではないはずです。
「放射能をうつしてやめる」といった子どもでもしないような
悪ふざけは、被害の深刻さを認識していないのでは???

言葉だけでなく心の問題だと思います。

普通に考えても相手の気持ちを考えれば
そういう発言は出ないと思うのだが・・・

話の次元は、違いますが
相手のことを考える(人を思いやる)気持ちが
分からない人が少なからずいると思う。

たとえば政治家だけではなく、企業家の中にも
不景気の中で、求職中の人に
面接試験で「ホームレスになれ」と言う趣旨の発言をした
紀ノ川市のD精工の社長などは・・・・・

自分だけ良ければ良いというか
人を思いやることのできる人が少なくなっているのでしょうか???

野田首相は、どじょうのように泥臭く仕事に取り組むと
おっしゃられていたので期待をしていますが・・・

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

「台風12号」
紀伊半島は、台風12号の大雨で大変な被害が出ています。

個人的には、嫁の伯母が亡くなり
叔父夫婦は、避難していて幸いにも怪我も無かったが
経営していた飲食店が完全に洪水に流されたようです。

現在は、新宮市ですが、旧熊野川町ですので
ニュースなどでもなかなか報道されず
固定電話はもちろん携帯電話も繋がらず
安否確認もいろいろと手を尽くしていた次第です。

他にもまだ多くの方が行方不明の状態で
多くの方が、お亡くなりになっています。
ニュースなどで放映される那智勝浦や新宮などの被災地は、
訪れたことのある地域やよく行っていた場所もあり
道路標識や電線に、いすか何かの家財道具が引っかかっていて
その高さにまで水は来たことが分かります。

熊野川町の熊野川の穏やかな流れしか知らない
私は、本当にそこまで水が来たのかと思ってしまいます。

今回の大災害の原因は、想像を絶する記録的な大雨だと思います。
なぜこのような大雨が降った原因は、
地球温暖化が関係しているかも知れません。

温暖化による海水温上昇は、台風の大型化と
勢力を拡大させ、風雨とも激しくすると考えられています。
今回の雨の降り方をみると
従来の防災の常識が通用しなくなっているのではと思います。

ニュースなどによると、一部の地域での避難勧告や指示の発表が
遅れたり、出されていない地域もあったようで
勧告や指示を出すことの難しいところも
昨日のニュースである首長さんが話されていました。

やはり日ごろから防災意識を持ち
避難勧告や指示が出ていなくても
少しでも危険だと感じたら避難したほうが良いと思います。

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。