『機械設計事務所の日記』
小さな機械設計事務所・(有)三友技研工業の日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シンポジウムに参加して来ました。
昨日(2月8日) 午前中は少し事務所で仕事をして
午後から和歌山県「いきものみっけ」のシンポジウム
「自然をみて、生き物から学ぶ」に参加して来ました。

午後1時30分から県立図書館の2階で行われましたが、会場の席が
いっぱいになり大勢の人が参加していました。

順番に環境問題に取り組んでおられる先生方の基調報告が行われ
その中で私が印象深かったお話は、自然回復を試みる会を行っている先生のお話です。

その先生は小さいころから自然観察(虫や植物や鳥たちなど)に興味があり
大人になった今も自然が好きで興味を持ち続けている方で
自身の色々な体験を語られ、今の子供たちは自然に自分の身の回りりいる
生き物に接する(気ずく)機会が無いか、少ないとのことでした。

私もなるほどと思いました、私の子供の頃は春につくしなどを取ったり
夏は昆虫採集(せみ・かぶと虫・くわがた)秋はどんぐり・くりひろい
ぎんなんもひらったりして(手が臭くなったりして)冬は、かぶと虫の幼虫を取ったりもしました。
もっと色々なこともありました。
そのときは特に教えてもらったりした記憶はなく、友達との遊びだったと思います。

そんな経験を子供に頃にしないといくら知識として本などから吸収しても
実際にはわからないのではとのことでした。

まず小さい頃に色々な経験をし自然の気配を感じる「感性」を培っていくことが大切では?と
おっしゃっていました。

私は自然の遊びも仕事も同じことだと考えます。
実際に経験することにより身につく、自然の中に入り色々な経験をすることで「感性」が磨かれる
仕事も成功も失敗も経験して成長することだと思います。

自然を観察することの楽しさを子供たちに伝えることの大切さを感じました。

(今日は、今から機械の件で打ち合わせに出ます。)

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://sanyuu8683.blog23.fc2.com/tb.php/20-f6e65b74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。